mainimg-lower

スポーツ

部活動が引退の時期(試合)に近づいていますね。早朝診療

この時期になると、部活動の生徒たちは引退時期に関連する試合が近づいてきますね。

 

私たちが開業以来、スポーツトレーナーを続けている意味は、この時期の患者さんをどうにかしたいという気持ちからなのかもしれません。

どうにかしたいというのは、しっかりフィールドに立たせてあげたいということなんです。学校で続ける部活動には3年で終わりがきてしまいます。

全国大会へ進む子たちは夏が山場でまだまだですが、通常は地区予選で敗退することから、圧倒的にこの時期が引退なんです。まだまだ自分の時のことも忘れません。

ひらの接骨院でも、6月〜7月は毎年余裕のない症例が続く時期でもあり、スタッフはリアルな話で「今の俺たちに何ができるか」と判断を求められることが多い時期になります。ただし悩んでいる暇はないので、日頃の試合帯同や臨床の経験、そして学びの中から最良の方法を考え提案することになり、協力医療機関との連携も行うことも多々あります。

 

今朝もスタッフとそういう話から始まり、担当するものの計画を聞いた中で、「ひらの接骨院として何を求められどうすべきか」というミーティングがありました。

 

勿論全て理解者のように、試合にGOサインするわけではありません。

選手・またお子さんの将来を考えた中で提案することがベストで、出してあげたいという気持ちに流されてはいけないからです。出会ったスポーツを長く楽しめるかというところが全ての原点なので、「今の勝負」だけに固執してる指導者の元にいる場合には、症状の説明に伺うことも少なくありません。

 

IMG_5320

 

スポーツにかかわる方は1年中来院されますが、特にこの時期小さい頃から通ってくれた子供達のスポーツの節目を迎える時でもあり、落ち着きません。

 

「なぜ今まで数ある医療機関や接骨院がある中で、ひらの接骨院を選んで通い続けてくれたのか」、そう思うと本当に心こめて仕事をしたくなります。

 

IMG_5601

 

最後は、勝った負けたよりも、「頑張ってきてよかった」「出れてよかった」という笑顔がみたい、その一心です。

 

(さらに…)

| 2016.07.01 23:22

スタッフミーティングとEIRFACTORY ‘1606

 

eirfactory201606

 

【スタッフミーティング】

「理解度を確認するためのミーティング」と言っては可笑しいかもしれませんが、同じテーブルについて、業務上の重要点について「自分の理解度を自身の言葉で皆に伝えてみます」。お互いの理解度を確認するという意味ですが、理解はできていると思っても自分の言葉に変えられないと、後輩への継承はなかなかできません。「ん……….」と時々言葉に詰まるシーンも多々見えましたが、16年を迎えた弊社には、あえてこの地道な作業が必要なんだと思い、早々に始めてみました。

開業後3年経過した頃から外へも活動のフィールドが広がりスタッフもまたそれぞれの活動にも専念する時間が増えてきました、平野自身はゴルフツアーの帯同や柔整業界の役職も含めて、留守が多いことから、長年連絡事項をトップダウンで済ませていることがありました。しかし振り返るとこの日のように、しっかり向き合う時間があったスタッフの理解度は深く、また自身の言葉として蓄えられ日々生かされているようにみえます。

かつてスタッフに向けて投げかけた言葉が、その人の言葉に変わりもう一度自分の耳に戻ってくる経験があります。これがなんとも嬉しいものです。

 

さて話はそんなに難しいことではありません。患者さんを迎える上で大切にすべきことを改めて確認するだけなんです。弊社のスタッフは生涯学習を実践していますが、怪我や障害のリハばかりではなく職域を超えた学びをするスタッフも少なくありません。またスタッフが全員何かしらのスポーツ競技の担当をしていることで、休日での経験も蓄積されていきます。ただ頭に詰め込みすぎると、「吐き出したくなるのが人間の性」であり、それが、タイミングを計ることなく院内で繰り出されることも少なくありません。

 

「技術や知識の引き出しを増やそう」とよく言いますが、その引き出しはいつ開けるべきなのかを学ぶ場が多くないんですね。その前に患者さんが自分の前で話をしてくれるのかどうか、そんな原点の話を皆でしてみました。きっと明日から生かされるはずです。

 

ひらの接骨院・EIR接骨院チーム

 

そしてこの日のミーティングでは八下田が一瞬だけ途中退席していました。

振り返れば2年前に「私やります!」と手を上げて以来、スポーツ現場でも毎回緊張感の高い仕事を経験させていただけるようになり、米国トレーニングや新人プロキャンプ帯同、今回は選手の自宅にまで呼んでいただけるようになりました。本当にありがたいことです。

それでもTEAMEIRの先輩たちは、八下田がプロフィールドで働いているからと特に甘やかすことなく、出来ないことには厳しい指導が続いており、施術者・トレーナーとしての自立を応援しています。自身のためでもあり仲間のためでもある、互いに支えあえる環境で成長していくことで、今後も高みを目指し、すべての経験を患者さんに活かせるようスタッフ一同力を合わせて頑張りたいと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◯株式会社EIR ATHLETES
◯ひらの接骨院
http://www.eirathletes.com/
住所:神奈川県横浜市南区弘明寺町149-8
TEL:045−730−5581
◯EIR接骨院
◯EIRGYM
住所:神奈川県川崎市宮前区犬蔵2-6-20
TEL:044-863-6517
http://www.eirgolf-yokohama.jp
http://www.eir-sekkotsuin.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
| 2016.06.26 11:59

EMSトレーニングの効果

寝ながら…・本を読みながら…・家事をしながら簡単に…鍛えられると通販などで広告されているEMSトレーニング。現在では他の接骨院でも、EMSで「簡単にトレーニングが出来ます」とうたっているところも増えてきました。
弊社では約10年程前から特に高齢者の方を中心に利用を開始していました。また利用されている患者様は月に1度InBodyをすることで、筋肉量も測定し数字的にも追うようにしています。

 

さてEMSは実際効果があるのでしょうか。
TVでは、筋肉隆々のモデルが使っているため「ああいう姿になれる!」と思いがちですが、実は週2回以上の利用で、弊社内のデータで明らかな筋増量の数値は残念ながら得られていません。ただ維持が出来ている方は殆どです。

 

私たちが、普段筋肉を動かす場合「筋肉を動け」と脳から神経を通して、微弱な電気信号として筋肉に伝わり、電気信号を受け取った筋肉は、その指令に応じてギュッーと収縮する事で運動が起きます。対してEMSの場合はこの脳からの指令をカットして、パットを体に貼り付けることで、皮膚の表面から電流を直接神経に流す事で筋肉を収縮させる事になります。なので特にトレーニングをしなくても「寝ながら」・「本を読みながら」なんてことが可能になるのです。

 

でも多数の筋を連動させて行う一般的なトレーニング・運動と違い、EMSの場合は単発で刺激をすることから、一般的なトレーニングと同じ効果….またはそれ以上でないことは、誰が見ても明らかなんです.「普通の腹筋の何倍!!」というも何が根拠なのかなという印象はあります。
しかしながら、私たち医療人としては、一般的なトレーニングが出来ない状況の方を忘れてはいけません。怪我をされた・故障をされた、また病からの復帰・高齢であるなど、一般的なトレーニングが不可能な人には非常に活用できます。

例えば、動きが悪くなっている筋を刺激をすることで、筋活動を促進させたり、またたくさん歩き回れない高齢の方にとっては、EMSにより筋を刺激することで筋肉内の血流量も増大させることができ、浮腫予防も期待ができます。利用されている方の声では「力が入りやすくなる」というのが一番でしょうか。
日常生活以上の筋肉刺激は、年を重ねれば重ねるほど機会が減ります。そうした環境下での救世主の一つと言えるのではないかとも思います。

今後も当然エビデンスは大切にしながら、利用していただいている方の声を一番に大切にしていき、今後もデータを収集を重ね、超高齢化社会に備え少しでも貢献できる提案をしていきたいと思います。

 

ご興味のある方はスタッフまでお願いいたします。

 

2016-05-23 17.56.34

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◯株式会社EIR ATHLETES
◯ひらの接骨院
http://www.eirathletes.com/
住所:神奈川県横浜市南区弘明寺町149-8
TEL:045−730−5581
◯EIR接骨院
◯EIRGYM
住所:神奈川県川崎市宮前区犬蔵2-6-20
TEL:044-863-6517
http://www.eirgolf-yokohama.jp
http://www.eir-sekkotsuin.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
| 2016.05.24 16:19

不安な時ばかりにチャンスあり、準備万端にチャンスなし。

今月の勉強会では、米国帯同やキャンプ報告会とさせていただきました。
facebookにも少しだけ内容の報告をさせていただきました。
よろしければ覗いてみてください。

 

2016221112915.pngのサムネイル画像

 

さてゴルフトレーナーの後継者を育成すべく2015年は、弊社にとっては激動の年と
なりました。気がつけば、多くのチャンスをいただき、また常に挑戦の年となり
この写真に4人のゴルフトレーナーが並ぶことになりました。

 

自身の経験も含めて、全てにおいて「準備万端だと思える時にチャンスはなく」
「不安な時こそチャンスは訪れる。」勉強会等で準備万端に備えておきたいと思いながら、
リーダーとしては少し強引かと思える舵取りもありましたが、年末にいい着陸が
できたことは、スタッフ一同ぶれることなく皆の心が一つになった証ではないかと思えます。

 

スタッフの望月が米国滞在中のやり取りでLINEがきたんです。
自身のトレーナーとしての存在意義・そして不安もかかれていました。
選手の役に立てているのか、自分を責めることばかりの様子でした。

 

私から伝えたことは一つ、
「うまく行かずに不安を感じるのなら、それは自分が未熟なだけ」
「自分に足りないものがあると気がつけただけいい経験ができている」でした。

 

望月は、米国から必要な教材を注文し、4試合の帯同から帰国後、真っ先に
勉強に取り掛かりました。こうして準備したことが、すぐに選手のためになるかといえば
そうは簡単に行きませんが、気がついた時点で補う作業をしておくことが、
我々としては最低限必要なことであり、成長に大切だと思います。

 

 

 

ひらの接骨院
‐身体の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・交通事故治療・ ムチウチ‐
‐骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・肩こり・腰痛・トレーニング・酸素カプセル・体組成測定‐

 

神奈川県横浜市南区弘明寺町149-8
Tell/fax: 045-730-5581
http://www.eirathletes.com

 

| 2016.02.22 0:00

サポート哲学⁈

これを「EIRサポート哲学」なんて言っていますが….アスリートに限らず、

 

患者さんに向けても、診療の中で非常に大切な指針としています。

 

あともう一つあるとすれば、「タイミング」なのかもしれません。

 

相手に必要な情報をタイミングよく届けること。

 

ゴルファーサポートの中から、診療に大切なことも学ぶことができます。

 

2016218231052.pngのサムネイル画像

 

ひらの接骨院
‐身体の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・交通事故治療・ ムチウチ‐
‐骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・肩こり・腰痛・トレーニング・酸素カプセル・体組成測定‐

 

神奈川県横浜市南区弘明寺町149-8
Tell/fax: 045-730-5581
http://www.eirathletes.com

| 2016.02.19 0:00

キャンプの目的とはなんだろう。

きのうのスタッフ勉強会は、2015トレーナー活動・2016キャンプ報告会を行いました。

 

数日に分けて一部ブログでもご紹介させていただきます。

 

「キャンプを行う目的とは何でしょう。」

 

実は1番大事なことと思いますが、冬になれば何となく温かい場所や・雪山に移動して

 

行うキャンプは、本当に意味のあるものなのか。そんな話から始めてみました。

 

キャンプの目的から話をしましたが、スタッフはその話よりも共通して知りたい

 

ことは、何をしたか?という「トレーニングメニュー」を知りたがります。

 

メニューを見ることは、実は簡単なことです。

 

しかし大切なことは、出来上がったメニューよりも、どうしてこれができたのか?

 

というところなのかと思います。

 

2016218165945.png

 

 

facebookページにも 沢山載せています。
是非!!ご覧ください。

 

facebookはこちら♪

 

                                                                                              

 

ひらの接骨院
‐身体の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・交通事故治療・ ムチウチ‐
‐骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・肩こり・腰痛・トレーニング・酸素カプセル・体組成測定‐

 

神奈川県横浜市南区弘明寺町149-8
Tell/fax: 045-730-5581
http://www.eirathletes.com

EIR接骨院‐

身体の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・交通事故治療・ ムチウチ‐
‐骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・肩こり・腰痛・トレーニング・ピラティス・シニアフィットネス・ゴルフトレーニング

 

神奈川県川崎市宮前区犬蔵2-6-20 サンウイングたまプラーザ1F
Tell/fax: 044-863-6517
HP:http://www.eir-sekkotsuin.com/

横浜・川崎・東京にお住いの方のパーソナルトレーナーを目指す接骨院

 

| 2016.02.18 0:00

弘明寺にあるひらの接骨院のブログではスポーツ選手のトレーニングについてご紹介しております

EIR ATHLETESのサービス事業の1つである弘明寺の治療院のブログでは、力を入れているスポーツ選手やスポーツクラブのコンディショニングの様子や、トレーニングのコツをご紹介しております。
ひらの接骨院では柔道整復師による安心のケガ治療や競技復帰に向けたリハビリはもちろん、経験豊富なスポーツトレーナーがゴルファーをはじめアスリートのパーソナルトレーニングや、少年野球チームや学校の部活動のトレーニングをサポートしております。
治療院で個別にスポーツコンディショニングをお受けいただくのはもちろん、クラブチームや学校の部活動のトレーナー経験と実績が豊富ですので、弘明寺エリアで活躍されるチームのサポートもぜひお気軽にご相談ください。

ページ上部へ