mainimg-lower

スタッフブログ

スタッフミーティングとEIRFACTORY ‘1606

 

eirfactory201606

 

【スタッフミーティング】

「理解度を確認するためのミーティング」と言っては可笑しいかもしれませんが、同じテーブルについて、業務上の重要点について「自分の理解度を自身の言葉で皆に伝えてみます」。お互いの理解度を確認するという意味ですが、理解はできていると思っても自分の言葉に変えられないと、後輩への継承はなかなかできません。「ん……….」と時々言葉に詰まるシーンも多々見えましたが、16年を迎えた弊社には、あえてこの地道な作業が必要なんだと思い、早々に始めてみました。

開業後3年経過した頃から外へも活動のフィールドが広がりスタッフもまたそれぞれの活動にも専念する時間が増えてきました、平野自身はゴルフツアーの帯同や柔整業界の役職も含めて、留守が多いことから、長年連絡事項をトップダウンで済ませていることがありました。しかし振り返るとこの日のように、しっかり向き合う時間があったスタッフの理解度は深く、また自身の言葉として蓄えられ日々生かされているようにみえます。

かつてスタッフに向けて投げかけた言葉が、その人の言葉に変わりもう一度自分の耳に戻ってくる経験があります。これがなんとも嬉しいものです。

 

さて話はそんなに難しいことではありません。患者さんを迎える上で大切にすべきことを改めて確認するだけなんです。弊社のスタッフは生涯学習を実践していますが、怪我や障害のリハばかりではなく職域を超えた学びをするスタッフも少なくありません。またスタッフが全員何かしらのスポーツ競技の担当をしていることで、休日での経験も蓄積されていきます。ただ頭に詰め込みすぎると、「吐き出したくなるのが人間の性」であり、それが、タイミングを計ることなく院内で繰り出されることも少なくありません。

 

「技術や知識の引き出しを増やそう」とよく言いますが、その引き出しはいつ開けるべきなのかを学ぶ場が多くないんですね。その前に患者さんが自分の前で話をしてくれるのかどうか、そんな原点の話を皆でしてみました。きっと明日から生かされるはずです。

 

ひらの接骨院・EIR接骨院チーム

 

そしてこの日のミーティングでは八下田が一瞬だけ途中退席していました。

振り返れば2年前に「私やります!」と手を上げて以来、スポーツ現場でも毎回緊張感の高い仕事を経験させていただけるようになり、米国トレーニングや新人プロキャンプ帯同、今回は選手の自宅にまで呼んでいただけるようになりました。本当にありがたいことです。

それでもTEAMEIRの先輩たちは、八下田がプロフィールドで働いているからと特に甘やかすことなく、出来ないことには厳しい指導が続いており、施術者・トレーナーとしての自立を応援しています。自身のためでもあり仲間のためでもある、互いに支えあえる環境で成長していくことで、今後も高みを目指し、すべての経験を患者さんに活かせるようスタッフ一同力を合わせて頑張りたいと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◯株式会社EIR ATHLETES
◯ひらの接骨院
http://www.eirathletes.com/
住所:神奈川県横浜市南区弘明寺町149-8
TEL:045−730−5581
◯EIR接骨院
◯EIRGYM
住所:神奈川県川崎市宮前区犬蔵2-6-20
TEL:044-863-6517
http://www.eirgolf-yokohama.jp
http://www.eir-sekkotsuin.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
| 2016.06.26 11:59

弘明寺のひらの接骨院・加藤祐作も30歳に。

スタッフ祐作の30歳誕生日。

祐作は仙台の専門学校の学生時代に弊社のホームページを見て勝手に入社を決めていたという変わり者(笑)。問い合わせをいただいた時、訛りがきつくて何を言っているのかわかわからないのでメールでプロフィールを送るように伝えたところ、「FAXしかない」ということで紙に自分の熱い思いを書いて送信してきたことを思い出します。今時こんな若者いるの?と不思議な気持ちでしたが、会うと訛りはそのままの好青年でした。そんな祐作ももう30歳。以前は結婚祝いで顔面ケーキ・今回は三十路祝い。三十路祝いは男としてなんか嬉しいはずなので、今回は大人が食す上質な牛乳で作られた生クリームのケーキを顔面にヒット!

ケーキを食べながら泣いているのかと思ったら、目に入って痛かったそうで…。

 

(ケーキは廃棄せずスタッフが全て食しました)

eir-yusaku

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◯株式会社EIR ATHLETES
◯ひらの接骨院
http://www.eirathletes.com/
住所:神奈川県横浜市南区弘明寺町149-8
TEL:045−730−5581
◯EIR接骨院
◯EIRGYM
住所:神奈川県川崎市宮前区犬蔵2-6-20
TEL:044-863-6517
http://www.eirgolf-yokohama.jp
http://www.eir-sekkotsuin.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
| 2016.06.25 13:24

ドキドキできる時がチャンス。

久々にひらの接骨院・しんぼり接骨院・EIR接骨院院長の集まり。

大人数で集まるとなかなか話せないことが多くてようやく叶えられました。ひらの接骨院で起業しEIRATHLETESと社名が変わるまでにこの2人の存在は欠かせません。2人がひらの接骨院での研修を始めて以来、将来こうしたいああしたいと夢を語り合い、特にスポーツトレーナー分野においては、本当に階段を一段一段上がってこれました。本当に休むことなくいろいろなことに挑戦してきたんです。

だからこの3人で集まるとやっぱり「挑戦」という言葉を思い浮かべます。

 

新規帯同や・新規担当チームの話になると、いつもスタッフの顔が凍りつきました(笑)。「この大会に帯同したいものいる?担当したい人はいる?」と問いかけると急に皆の顔が真剣モードになります。話は国内にとどまらず海外もありました。瞬時に悩むのでしょう。無理矢理進めることは無く希望者がいなければそのままお断りする方向になります。新しい担当チームが出来ると、スタッフのオペレーションも変わるため、皆にそれなりのストレスがかかります。新しいチーム担当が始まる→院内OPの変化→トレーナー継続→院内スタッフの成長へと繰り返してきたんです。

 

ただ一度大きなチャンスを手放してしまったことを後悔していると太田が口を開きました。もちろんここに選手名は書けないのですが、その話以降世界で大活躍している選手の話でした。大切な機会をお断りしていたんです。

皆スポーツトレーナーになりたいとか、アスリートのサポートをしたいとか学生時内に夢を持っていました。ただ仕事を始めて自分にとってちょうどいいタイミングの時にチャンスなんてこないということを20代のうちに学んだのですね。だからドキドキするうちに、なんでもチャレンジしておくべきなんですね。改めて感じました。

実は平野は今でもドキドキする仕事があります(笑)

 

eirathletes0623

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◯株式会社EIR ATHLETES
◯ひらの接骨院
http://www.eirathletes.com/
住所:神奈川県横浜市南区弘明寺町149-8
TEL:045−730−5581
◯EIR接骨院
◯EIRGYM
住所:神奈川県川崎市宮前区犬蔵2-6-20
TEL:044-863-6517
http://www.eirgolf-yokohama.jp
http://www.eir-sekkotsuin.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
| 2016.06.24 16:28

電気治療の効果や所用時間を学ぶ。EIRFACTORY

電気治療 ひらの接骨院

 

接骨院や整形外科を受診された経験のある方は、治療の中で電気治療器を使われた経験があると思います。

低周波や次に生まれた干渉波・高周波・また超音波など各種出てきました。ところが、低周波が主流だった時代にこの電気のピリピリ感に苦手意識が出てしまった方も多いことと思います。そのあとに出た干渉波はそのピリピリ感が軽減されていますが、どんな周波であっても=電気=低周波の経験と結びつき、電気は苦手ですという方も少ないくないと思います。特に、高齢者であればあるほど、昔の皮膚感触が荒い低周波を思い出される方も多いようで、所詮電気治療で効いた覚えもない…なんていう声も聞きます。

 

DSC06650_Fotor

では今の時代はどうなのでしょう。

骨折に有効的な超音波治療器も出てきました。これは火傷の危険性もなくボルトが入った方でも使える優れものです。そして筋肉・関節痛など症状に対して、効果を出しやすい電気療法というものが最近ではいろいろわかってきました。さくじつ午後に行ったスタッフ勉強会(EIR FACTORY)でも、その匠になるべく学びをおこないました。

もちろん大切なことは、容態を把握し症状を判断すること、診断と言っては問題があります(笑)が、要は判断力が大前提になります。そこからその症状を改善すべく手技や電気治療を行うわけですが、次に大切なことは改善までの時間。短時間で効果を生み出すことが必ず課題になります。

短い時間で効果を出すことを置き去りにした学びは、こうした臨床現場では不要であるとも言えます。(その役割が違うという意味です)患者さんのためにも時間の探求は必須となります。これは電気治療でも固定でも手技でも同じことだと思います。

 

少し話がそれましたが、電気治療は昔とだいぶ変わってきたんだということをお伝えしたいんですね。ピロピロが全くない電気治療もあります。適応症状というものがありますが、各種完備しておりますのでご興味のある方は是非、ひらの接骨院スタッフまで!

 

DSC06650

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◯株式会社EIR ATHLETES
◯ひらの接骨院
http://www.eirathletes.com/
住所:神奈川県横浜市南区弘明寺町149-8
TEL:045−730−5581
◯EIR接骨院
◯EIRGYM
住所:神奈川県川崎市宮前区犬蔵2-6-20
TEL:044-863-6517
http://www.eirgolf-yokohama.jp
http://www.eir-sekkotsuin.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
| 2016.06.16 10:39

ゴルファーサポートの共通言語を生み出す。

 

一般社団法人日本ゴルフフィットネス協会認定「ゴルフフィットネストレーナー認定セミナーが、今週末土曜日に東京オペラシティータワーで開催されます。

 

今回第1回は、土曜日開催となりますが、第2回は日曜日の開催を予定しています。

またこちらでも告知しますので、今回土曜日だから仕事休まないといけない!と言われていた同業の方=特に医療従事者の方の参加をお待ちしています!!

 

このセミナーは、偏ったメソッドを学ぶものではなく、ゴルファーをサポートする為の大枠を学ぶものエントリー認定セミナーです。また、コーチ・選手・トレーナー・医療従事者・関連企業の方が同じ場所でゴルフに関連する全てを学ぶ場を作るのが、日本ゴルフフィットネス協会です。ご興味のある方は是非!!

 

ゴルフトレーニング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ゴルフフィットネス協会の理念とは… (さらに…)

| 2016.06.16 10:02

酸素カプセルキャンペーン 横浜弘明寺ひらの接骨院 

 

ひらの接骨院夏の恒例 酸素カプセルキャンペーン

夏と冬に年2回行っています恒例の酸素カプセルキャンペーンの季節でございます。

酸素カプセル=アスリートというイメージの方も多いことと思います。確かに当院でもスポーツ選手の通院が多いことから準備をした経緯がありますが、実は実は当院のヘビーユーザーの平均年齢は65歳!! 毎週必ず予約をされる方の平均は70歳と想定外中の想定外です。興味がある・一度は入ってみたい方へ向けてのキャンペーンでもございますので、この機会に是非一度ご利用ください。

ご利用前に、ギンも点などございます場合には、お気軽に当院へ問い合わせください。

 

期間:平成28年6月13日〜平成28年7月16日(ご利用分まで)

(さらに…)

| 2016.06.14 15:58

弘明寺にあるひらの接骨院のブログではスポーツ選手のトレーニングについてご紹介しております

EIR ATHLETESのサービス事業の1つである弘明寺の治療院のブログでは、力を入れているスポーツ選手やスポーツクラブのコンディショニングの様子や、トレーニングのコツをご紹介しております。
ひらの接骨院では柔道整復師による安心のケガ治療や競技復帰に向けたリハビリはもちろん、経験豊富なスポーツトレーナーがゴルファーをはじめアスリートのパーソナルトレーニングや、少年野球チームや学校の部活動のトレーニングをサポートしております。
治療院で個別にスポーツコンディショニングをお受けいただくのはもちろん、クラブチームや学校の部活動のトレーナー経験と実績が豊富ですので、弘明寺エリアで活躍されるチームのサポートもぜひお気軽にご相談ください。

ページ上部へ