mainimg-lower

スタッフブログ

PGAプロの誕生

2014824204413.jpg今年もEIR ATHLETESでトレーニングを行う男子選手がPGA最終プロテストを通過、見事合格しライセンスを取得しました。大貫渉太郎プロ(19)の誕生です。

 

彼が来館したのは高校2年生のジュニア期でした。常に全国高校選手権・日本ジュニア等で戦う選手でしたが、プロ志望であったこともあり、身体作りも並行して行いました。(本当はレベルに関係なく必要だとは思います)

 

ジュニアゴルファーのピリオダイゼーション(競技選手のトレーニング計画)は、実は非常に難しいです。年間を通じて試合が有りオフを取りにくいこと、プロゴルファーのように1週間の中に予選・決勝に繋がるケースは殆どないことに加え、また全国上位に入ると、代表として招集されるケースもある事から、「試合が有るからトレーニングをしない」というスタンスでは、年間を通じてなかなか取り組む時間を確保出来ません。

 

そこで、ご父兄も含めてしっかりとした打ち合わせが必要になりますが、結論的には日々の練習の中に身体に向き合う時間を確保する事が、練習同様に必要になります。

 

勿論若いですから、何にもしなくてもゴルフが出来てしまい、中には何処もいたくないというケースもあります。ただこれは、「長いゴルフ人生の中でのほんの一コマ」で判断しているにすぎません。父兄からすれば良いスコアが出る=本人は何処か痛いとは言わなければ、何かに取り組もうとはなかなか思えないものです。

 

具体例を挙げると骨盤のローテーションが出来き無い割には所謂腹筋は沢山やっている(トレーニングしているつもり)みたいなケースもよく見かけます。他の関節の柔らかさを利用しどうにかゴルフスイングが出来てしまうのがジュニアスイングの盲点だと思うので、ひとつひとつ分析をします。

 

1流の選手に成ればトレーナー契約が出来ますが、其処に上がるまではなかなか金銭的にも厳しいものですから、EIRの方針として若い選手には、先ずは自分の身体を知ってもらう事、そしてひとつひとつ丁寧に伝えて行くことで、変化する身体にも気がついてもらう事。そして最終的には自己管理力をあげてもらう事です。

 

大貫選手の場合、ゴルフ向上心の固まりなので、伝えた内容の記憶は半端では有りません。テスト前は、他の試合やQTもあり過密なスケジュールでしたが、「今こういう状況で、◎◎と考えたので、◎◎を続けていますが、コレで大丈夫ですか?」という言葉になります。2年間ですが、大切な事は確実に伝わっている感触です。

 

プロゴルフとは、プロに成って終わりではなく、ゴルフで食べて行くということだと思うんです。当たり前なことですが、他の競技と違い、辞めなければ一生続けられるスポーツでもあることから、「身体が資本だ」ということを強く信念を持って、コレからも伝え応援して行こうと思っています。

 

| 2014.08.24 0:00

若者の挑戦

201482001412.jpg男子ゴルフのPGA最終プロテストが、19日より4日間の予定で始まりました。EIRでトレーニングを行う選手もまずまずの滑り出しで頑張っています。

 

そしてLPGAは、来期の出場権をかけたファーストQTが、今日から3地区で始まります。初めて挑戦する選手、プロライセンスを持たない選手がファーストからスタートします。今年の年末まで厳しい戦いが続きますが、コンディショニングに力を入れて選手を支えて行きたいと考えています。

 

先日も「今年はやれます。沖縄の開幕戦のティーグランドにたつ自分しか見えていません」と誓ってくれた選手がいました。熱く語る選手もいれば、口に出さずに黙々とトレーニングに向かう選手もいますが、夢を叶えるため皆必死です。

 

セカンドから出場の選手は、男子は9月初め、女子は11月初めからです。
男女ともメジャーが続く秋の陣に入る事に加え、若い選手の来期出場権をかけた挑戦も続くので男女の試合の帯同で大変忙しくなります。
ジュニアゴルファーからシニア選手まで、一人でも多くの笑顔を見れるようにゴルファーを応援していきたいと思っています。(平野)

 

| 2014.08.20 0:00

ゴルフトレキャンプの最終日

201481612156.jpg実はお盆休みに入る直前にエアコンが故障…お盆あけまで修理が出来ないとの事で、扇風機回し酷暑の中でトレーニングしています。普段よりも汗の量が半端ないようでですが、こういう時こそグリセリンローディングが生かされます!

さて写真のプラットホームですが、神経系のトレーニングでよく使われるています。この日はアレンジしたワンレッグランジを行ってみました。(写真の膝の位置が少し気になります)後方の脚をホームより下げる事により負荷はかなり高まります。狙い通り大腿四頭筋と臀筋には効いていたようです。

 

このトレーニングで、選手に掴んでもらいたい点は、臀筋に効いた!大腿四頭筋に効いた!という事ではなく、体幹部を上手く使えた時の動きの変化です。脚は脚単体で考えるのではなく、全身繋がっているということでしょうか。

 

トレーニングの初期段階においては、寝て行うケースもありますが、実践に繋げるにはある程度「立位で行うトレーニング」が中心に成るのではないかと考えています。ゴルフの場合、①?⑱ホールまで自身が移動することで、状況は常に変化すること・また試合会場も毎週違うコースであることから、あらゆる状況を想定し、トレーニングに取り込んで行く事が求められると思います。ある特定の方向のみに力が発揮出来るだけでは、あまり有益ではなくゴルフ向上にはつながらないと考えています。

 

こういう考え方はゴルフだけには限らないのですが、例えば野球のバッターは毎打席ほぼ同じ足下の状況でボールを待てますが、ゴルフの場合は全ショット状況が変わります。

 

| 2014.08.24 0:00

懸垂(女子プロ編)

2014813223020.jpg女子プロゴルファーの逆手による懸垂です。
腕立て伏せも出来ない選手が、実は結構います。
体格は「こうでなければいけない」という物ではないと考えているので、お尻は大きくないとダメだ・脚は太くないとダメだという神話?は未だに有りますが、選手自身が身体を自由自在に操るにはどうするべきかという点を基本に組み立ててその結果出来上がる型がその選手には正しいといえるのだと考えています。
本来は順手で行いたい所ですが、力の無い場合は逆手から入ります。当然このフォームは腕への負荷が強くなります。ゴルファーはこうしたトレーニングにより腕の感覚が変わる事を嫌がるケースが少ないので、この後のフォローがとても重要になります。

 

こうしたメニューは、選手が望むスイングの課題を達成する為に作る物で、事前の話し合いがとても重要になります。

 

最近では「体幹」という言葉が一人歩きしているところもあり、「体幹やってます」と殆どの選手が話されます。何の目的にどんな体幹トレーニングをされているのかと言う点もありますが、効果が出ていないケースも多いのは何故なのでしょうか。筋量も必要最低限というのは有ると思いますが、実際それが使えているか?という所なのかなと思います。女子選手の中にも腹筋が割れている選手もいますが、あの選手のように腹筋を割りたい!という声も有るなかで、きっかけは良いとしても、割れたら言い訳じゃないよ!という話もする事は大切だとおもいます。

 

選手が望むトレーニングをされる事で、パフォーマンスアップに繋げるのは当然ですが、常に結果を求められるプロは、トレーニングをする事で「心の充実」を得ているケースがあるので、理論をとは別の大切な柱の存在を忘れないようにしています。
 

 

| 2014.08.13 0:00

「今を見るか将来を見るか」

2014811223658.jpgこの日は、大学生ゴルファーN君のトレーニングでした。
合宿に入る前でしたが、自身が取り組むべきトレーニングを確認しに、毎回遠方から来館してくれるので本当に嬉しい限りです。
先日の大会朝、N君がストレッチをしようと風呂場に行くと、TPI(タイトリストパフォーマンス研究所)のスクリーニングを鏡に向かい行っていた選手がいたそうです。その選手は高校生時代から全国でも有名な選手でしたが、M君と同じ事をされていたので、たずねてみた所、韓国の代表トレーナーに教えて頂いたという話だったそうです(なるほど….タイトリスト?韓国)  大切なのは、2人とも目的を持ってそのエクササイズを続けているという事ですね。というのは、そのエクササイズが出来なくてもゴルフが出来ている選手が沢山いるので、なかなか教えられても続けられないものです。

 

さて写真は懸垂です。主に広背筋を鍛えられる素晴らしいトレーニングの一つですが、ゴルフが面白いのは、このような懸垂又は腹筋・腕立て伏せが出来なくても、さらに短距離は遅い、長距離は走れなくても、アンダーパーで回る事が出来るゴルファーがいらっしゃるところなんですね。
トレーニングを始めたら、ゴルフが悪くなった、重たい物をあげた意味はよく分からない、走らない方が良い等、選手のリアルな声で諸説存在しています。所謂トレーニングの失敗例を経験してしてしまったゴルファーの悲鳴でも有るのだと思います。それぐらい’’感性”で作り上げられたスイングに良くも悪くも影響する物だと思うので、慎重に対応したい所です。現在ジュニアを含めたアマチュアの大会は、非常に豊富で、特にジュニア大会は1年中試合があり、プロより試合が多いと言えるかもしれません。
私自身が心配なのは、ジュニアのうちから満身創痍で戦う選手がいるという現実です。以前にも書きましたが、何でも治る訳ではないので、クラブが振れなくなるほど追い込まれる前に、身体作りにも目を向けてほしいと考えているので、引き続き啓蒙活動も続ける事と、出会った選手達には丁寧に伝えて行きたいと考えています。

 

| 2014.08.11 0:00

身体が改善=ゴルフが改善?

201481110479.jpg先週は、日本学生ゴルフ選手権への出場をかけた、関東学生ゴルフが開催されました。女子の部で、EIRでサポートする選手が準優勝をする事が出来き吉報が届きました。
実は何人か出場していたのですが、連絡をくれた選手は2名だけで少し残念。準優勝された選手と男子選手でした。私が最初に担当していたアマゴルファーの選手(現在はプロ)は、どんな試合結果でも必ず接骨院に電話をくれました。やはり「この選手を応援したくなる」と思わせる大切な要素なのだと思います。優勝は嬉しい、でも良いときばかりではないから、日頃応援して頂く方には、試合結果がどうであれ「また頑張ります!」で良いのだと思います。路線は外れましたが、そんな吉報が届いた嬉しい週末でした。

 

さて本題です。先日コンディショニングに訪れたプロゴルファーに、体調を伺った所「悪くはない」ということでした。選手により、気にされるポイントが様々であるため、特別変化を求められない限りは、此方から「改善」という提案は滅多にしないようにしています。しかしこの日、リアラインコアに初めて出会った選手は、「是非試してみたい」ということでしたので、10分という時間を定めて装着してエクササイズをしました。写真は装着後です。

 

対象の選手は、自身の身体の体調管理を重要視している選手で、日頃関節に痛みを感じる事は殆どない選手。骨盤の安定を深く気にされる選手もおりますが、これもまた、選手により大きな違いが有り、今日の選手は気にされないタイプ。装着前に柔軟性を見せてくれましたが、「だいたいいつもこんな感じです」と指の第2関節が床に着くか着かないか程度でしたが、エクササイズ後は手のひらがつき、肘が曲がる程でした。

 

しかし……だから何?という視点が確実にあるので要注意。これでゴルフが凄く良くなる事が保証される訳でもないのですね。装着前もゴルフは悪くないと言われていたので、前後屈が大きく改善される事は、フィジカルコンディショニング的には良いと判断しますが、可動域改善=ゴルフ改善と容易には繋がらないものです。

 

EIRで提案をするのは、「今」では有りません。末永くその競技を続けられる身体が維持出来る事・スイングにより怪我をしない身体作りや意識を高める事にあります。そして歳を重ねる中で、取捨選択が常につきまとうのでしょう。それを選手と共有しながら的確に提案していくことです。

 

リアラインも大切なツールの一つとして活用しています。

 

| 2014.08.11 0:00

弘明寺にある接骨院連携で信頼のEIRGYMブログではゴルファーのトレーニングの様子をご紹介しております

弘明寺でアスリートから厚い信頼を寄せられるEIR ATHLETESが運営するEIRGYMのブログでは、パーソナルトレーニングをサポートするプロゴルファーやジュニアゴルファーのトレーニングの様子をお伝えしております。
もちろん、各選手の詳しいトレーニングは公開できませんが、ジュニアから女子プロ、シニアまで日々、体造りや勝つためにプログラミングされたトレーニングに励む様子を垣間見ていただくことができます。接骨院も併設した安心のトレーニングジムですので、ご興味ある方はぜひお気軽にご相談ください。
弘明寺に本社を置くEIR ATHLETESが運営するEIRGYMはたまプラーザにあり、トレーニングスペースのレンタルも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ