mainimg-lower

スタッフブログ

ゴルフトレキャンプの最終日

201481612156.jpg実はお盆休みに入る直前にエアコンが故障…お盆あけまで修理が出来ないとの事で、扇風機回し酷暑の中でトレーニングしています。普段よりも汗の量が半端ないようでですが、こういう時こそグリセリンローディングが生かされます!

さて写真のプラットホームですが、神経系のトレーニングでよく使われるています。この日はアレンジしたワンレッグランジを行ってみました。(写真の膝の位置が少し気になります)後方の脚をホームより下げる事により負荷はかなり高まります。狙い通り大腿四頭筋と臀筋には効いていたようです。

 

このトレーニングで、選手に掴んでもらいたい点は、臀筋に効いた!大腿四頭筋に効いた!という事ではなく、体幹部を上手く使えた時の動きの変化です。脚は脚単体で考えるのではなく、全身繋がっているということでしょうか。

 

トレーニングの初期段階においては、寝て行うケースもありますが、実践に繋げるにはある程度「立位で行うトレーニング」が中心に成るのではないかと考えています。ゴルフの場合、①?⑱ホールまで自身が移動することで、状況は常に変化すること・また試合会場も毎週違うコースであることから、あらゆる状況を想定し、トレーニングに取り込んで行く事が求められると思います。ある特定の方向のみに力が発揮出来るだけでは、あまり有益ではなくゴルフ向上にはつながらないと考えています。

 

こういう考え方はゴルフだけには限らないのですが、例えば野球のバッターは毎打席ほぼ同じ足下の状況でボールを待てますが、ゴルフの場合は全ショット状況が変わります。

 

| 2014.08.24 0:00
ページ上部へ